レーザー脱毛は痛い?痛くない?どの程度の痛みがあるか

痛みの程度は部位や人によって異なる

一般的にレーザー脱毛の痛みを表現するものとして、輪ゴムで軽く弾いた程度というものがあります。
これは目安としては非常にわかりやすく、平均するとこれぐらいの痛みであることは正しいのですが、結局の所は部位や体質によって異なるので人によりけりということになります。
痛みを感じやすい部位にはワキやVIOゾーンなどがあげられ、これらの部位に関しては輪ゴムで強く弾いたぐらいに痛かったと感じる人もいれば、同じ部位でも毛質やその人の痛みの耐性によって変わってきます。
そのため、輪ゴムで軽く弾いた程度を目安としてそれ以上に痛く感じることもあれば、ほとんど気にならない程度の痛みしかなかったということもあるということです。

痛くて我慢できないということはない

痛みの程度は人それぞれと聞くと、あまりに痛くて我慢できなかったらどうしようかと不安になってしまうものですが、その心配はありません。
程度の差はあれど実際に痛くて我慢ができずに、レーザー脱毛を断念したというケースはほとんどないためです。
特に痛みの強いとされるVIOゾーンであっても、我慢できないほどに痛みが強ければ麻酔を施してもらったり、出力を弱めてもらって調整をしてくれますので、脂汗を流しながら痛みを我慢するということはないのです。
全く痛くないということはないにしても、痛すぎるということもないので心配は無用です。
それでも不安であれば、体験脱毛をするなどして実際にどの程度痛いのか体験をしてから決めると安心です。

医療レーザー脱毛とはレーザーを照射して毛根を破壊するタイプの脱毛方法で、レーザーを扱う免許を持ったスタッフが常駐するクリニックのみで行われています。