一日で歯冠が作れる?最新の審美治療に注目

歯冠を白くする治療方法

歯科医院では様々な治療が提供されていますが、虫歯が進行し歯を大きく削った場合は見た目も悪くなり、歯の強度にも問題が出てきますので歯冠を作成し、被せる治療が行われます。この場合、前歯のように目立つ部位はサラミックなどの白い歯冠が選ばれますが、目立ちにくい奥歯は金属歯を選ぶ人も多くなっています。保険適用の治療を選べば治療費は安く済ませることができますが、そのかわり、大きく口を開いたときに金属が目立つ可能性もあります。さらに金属アレルギーが出てきた場合は歯冠を別の素材に交換する必要もあります。審美歯科では金属の歯冠をセラミックに替える治療も行われていますが、一般的な治療を選ぶと完成までにはそれなりの時間も必要です。

一日で白い歯冠を作れる治療

新しく歯冠を作るとなると型取りをし、技巧所に製作を依頼するので完成までにはそれなりの期間が必要です。どの間は仮歯で過ごすことになりますが、できることなら早めに完成するほうが嬉しいといえます。最新の審美治療であるセレック治療は、その日のうちに白い詰め物や歯冠を作れることで注目されています。セレック治療では3Dでカメラによる撮影で歯型を取り、歯科用のCAD/CAM装置でセラミックの歯冠を作成します。通常は時間がかかる詰め物は被せ物を作る治療も短時間で終えることができ、型取りの際の不快感がないのもメリットです。金属を使わないので金属アレルギーのある人にも安心できる治療です。治療期間が短縮されるので治療費が抑えられるのもメリットといえるでしょう。

セレックは、3Dスキャンを使って歯のかぶせ物を作る技術です。取得した歯の構造データをもとに、セラミックを加工して歯を作っていきます。歯形をとる必要がなく、仕上がりまで早いのが特徴です。