座り方が腰痛に関係あるの?歩き方もチェックして!!

座り方によって腰痛になる可能性

起きているときの体勢として立っているか座っているかがあるでしょう。職場などではデスクと椅子が用意されていて、立っているよりも楽な座った状態で作業ができます。でも長時間作業をして椅子から立ち上がろうとするときに腰が痛くて辛いと感じるかもしれません。腰痛の原因として座るときの姿勢が挙げられるので注意した方がいいでしょう。腰痛になる原因は様々でしょうが、背骨や骨盤に負担がかかる座り方をしていると痛みが出やすくなります。浅く腰かけて背当てにもたれたり、猫背の姿勢を長く続けていると腰に負担がかかりやすくなります。負担をかけないようにするにはできるだけ座面に深く座るようにし、背筋を伸ばす感覚を持つと良いでしょう。

歩き方が悪いと腰痛になる

手軽にできる運動としてウォーキングがあり、運動不足解消のためにできるだけ歩こうとする人もいます。しかし歩き方が間違っていると健康を害する可能性もあるので注意しなければいけません。よく歩くようになって腰痛が出てきたのであれば、歩く姿勢を見直してみると良いでしょう。まず悪いのが猫背の姿勢で、腰に負担をかけたまま歩くので痛みが出やすくなります。猫背を解消しようと胸を反り過ぎる歩き方も問題で、こちらも腰に負担をかけるので痛みが出てしまうでしょう。腰痛になりにくい歩き方としては、横から見た時に頭と腕そして腰がまっすぐになる状態をキープするようにします。腰への負担を減らせれば歩くのも楽になり、より健康的にウォーキングが楽しめるでしょう。

人の体は、痛みを感じることで神経が興奮し血管が収縮します。それにより血流が悪化し、さらに痛みが生まれるという悪循環が起こります。長引く腰痛を注射で治すには、神経の興奮を抑えるブロック注射が効果的です。