ニキビができちゃった!どうしたらいいんだろう?

ニキビには種類がある?思春期ニキビ?大人ニキビ?

顔に1つでもあると憂鬱な気分にさせてくるニキビ。実はニキビにも種類があります。まずは今あるニキビについて知ることから始めていきましょう。
思春期ニキビとは、鼻やおでこといったTゾーンと呼ばれるところにできやすいニキビのことです。成長期に男性ホルモンが一時的に増え、皮脂が異常に分泌されることが原因とされています。ちなみに、男の子にも女の子にもできます。
大人ニキビとは、あごや口といったUゾーンと呼ばれるところにできやすいニキビのことです。肌の乾燥や食生活の乱れなどが原因で皮脂の量が増え、ニキビとなってしまいます。

ニキビには種類がある?どんな症状?

ニキビは症状別によって大きく4つに分類されています。
炎症のない白ビキニは初期段階のもので、皮脂が毛穴に詰まっており、ぽつっと白い点に見えるものです。
炎症のない黒ニキビは、白ニキビの毛穴が開いて黒く酸化したものなので、シミやほくろのように見えたりします。
炎症のある赤ニキビは、白ニキビが悪化し、アクネ菌が発生しているものです。しっかり治療しなければ、ニキビ跡になってしまう可能性もあります。
そして赤ニキビからさらに炎症が悪化した、ニキビの最終段階と言われているものが膿ニキビです。黄色い膿が外へ出ようとしているのが見えます。

できちゃったニキビの治し方!

ニキビは皮脂が毛穴に詰まることによってできるトラブルです。まずは肌を清潔に保つことから始めましょう。丁寧で正しい洗顔と保湿ケアです。しかし、皮脂を除去し過ぎてしまうと、逆効果で更に皮脂が発生してしまう悪循環に陥る可能性もありますので気をつけましょう。そして仕上げに、良質な睡眠時間を確保します。忘れられがちですが、良質な睡眠こそ健康を保つには欠かせないものなのです。

赤みが残るタイプのニキビ跡は、洗顔後に美白効果のあるスキンケアを続けることで改善されるケースもあります。