シミは美肌の天敵!発症の仕組みを正しく理解して予防に努めよう!

年を取ってからシミが出来る理由

皮膚の色素沈着であるシミは若い人よりも中高年層の人に多く見られる傾向があります。若い頃は肌が綺麗でも年齢を重ねるごとにシミが増えることも珍しくありません。シミが出来る原因は様々ですが、最も多い理由は若い頃に肌へ強い刺激をもたらす行為を繰り返し、そのダメージが蓄積されることが挙げられます。日焼けによって肌が褐色化した状態は健康的で快活なイメージがありますが、実際は日光に含まれる紫外線によって皮膚細胞が損壊しているので決して健康的ではありません。むしろ、痛みなどの分かりやすい不具合が無いので無自覚のうちに肌を傷つける行為を繰り返す形になります。日焼けによる肌へのダメージは後年になってからシミになって出てくるので、屋外に出る機会が多かったり頻繁に日焼けをしていた人ほど、高齢になるとシミが出来やすくなってしまいます。

シミ治療と発症の予防方法について

形成されたシミを取り除くためには色素を分解する薬剤を注入するのが最も効果的な方法です。美容外科などの医療機関でシミ治療を受けることが出来ますが、審美治療なので費用の全額を患者が負担することになります。また、高齢になるほど細胞の再形成が困難になり、シミ治療の効果も低くなります。そのため、シミ治療は出来るだけ若いうちに済ませておくことが大切です。シミは治療よりも予防の方が肌へのダメージや金銭の負担が少ない一方、同じ方法でも肌質によって効果に差が出るので注意が必要です。また、シミは体のどの部位にでも形成されるので、保湿クリームなどの薬剤を使う場合は人目に付きやすい部位を優先して処置を施すことになります。

シミは皮膚内のメラニン色素が定着することによってできます。日光黒子、雀卵斑、炎症後色素沈着、肝斑などの種類があり、最も多いのが紫外線による日光黒子です。